Life Without A Prescription - 処方箋無しの人生

夏のエルメス・セールの詳細



待って、待って、真っ黒に成ってしまう程このソルドを
待ち焦がれた僕。

ついに来ました、この日が。
中々情報が少ないこの「半秘密的セール」、
細かく報告しちゃいます!!
c0201334_10293258.jpg






僕らがこのソルドに行こうと決めたのは金曜日。
木曜が初日なので第二日目に成ります。

色々情報を読んだ結果、「毎日違う商品が出てくる」って
書いてあったので(信憑性は全く確かじゃないけど、)
スティーブンの仕事の都合に合わせて金曜をターゲット。

前夜、木曜日、深夜12時24分、家族会議。
又インターネットで情報をあさっていると、
「朝の4時半から会場にいって並んだ。」
「建物は5時から開くからそれ以上早く行っても意味が無い」など
いろんな事が書いてあって、戸惑う僕ら。

結局、「9時オープンの一時間前、8時に到着する様に出よう」で決定。

実質目覚ましより先に起きた僕はさっさと用意をし始め、
予定より早くホテルを出ました。

でも、Gare de Lyonから会場のPalais des Congrésまでは結構な道程。
思ったより遠くて結局8時前後に到着。

電車に乗ってくる人、そして、同じ駅 Porte Maillot で降りる人、
全ての人がライバルに見えてしまい(笑)、
殆ど競歩状態の僕。
その後ろをトロトロと歩くスティーブン。

地下鉄駅からこのコンベンションセンター、繋がっているんですが、
興奮のせいか、それとも標識の少ないせいか、どこへ行けば良いのか不明。

"動くが勝ち"をモットーにしている僕が乗ったエスカレーター、
会場の2階で降りれなくて3階まで登らせられる。

この時点でパニック状態028.gif
一心不乱に係員/サインを探すけど何も無い。

やっと降りるエスカレーターを見つけ、
ついに黒い背広を纏ったガードさん達発見。

「エルメスのセールここですか?」と聞くと、
返事もせず頷き、指をさす。

そこで目に入った光景は!?!?


あれ?


こんだけでいいの?
c0201334_9511237.jpg

スティーブンが数えた結果、目の前に並んでいたのは14人。
僕達が15番目に成ります。

ちょっと気抜けしてしまいました。
床に座ってダラダラする事40分後、黒い服の男の一人が
おもぐろに列の先頭にやってくるではないですか!?

「たまに開始時間より早く入れてくれる」と言う言葉を
思い出しました。

がー、そんなに甘く無い。

確かに先に進ませてくれるけど次なる関門が。

会場入り口で待つ黒い背広一味。
どうやら荷物をチェックしているようだ。

また思い出したのがネットこの一言:
「エルメスの商品を着けて行くと入れない。」

実は列で僕達の前に並んでいたマダム3人組、
エルメスのHベルトをしていたんです。 
だから人ごとながら、『どうなるんだろうー!?』と野次馬根性丸出し。

「何かエルメスの商品をお持ちですか?」と言う男に、
「あ、これとこれ」と答えるマダム達。

どうやら所持品を明記した紙を渡されるだけの様で、
「入場不可」と言う訳ではない。

インターネットの情報の鵜呑みは危険。
でも、確かに、エルメス商品は持って行かない方が潤滑に事が進む。

細長い廊下の途中にある透明の大きな買物袋をとり、先へ。
先頭にはロープ、そして黒ずくめの男共。

貧乏ゆすりする事約20分、9時数分過ぎにやっと入場。

内部はきちんと部類分けされている。
お祭りの屋台みたいな感じ(??)に。

端のブースはネクタイ、帽子類、その横には女性物の毛皮類。
反対側はハンカチ類、蝶ネクタイ、毛布、ビーチタオル系。
更にはトートバッグ、二種素材の折りたたみ袋、子供用品、
スカーフの留め具類、ゴルフ用品、灰皿などの小物系。
その向かい側には90cmスカーフの専門ブース、
その両脇には男性、女性用のプレタが置かれている。
すこし間を置いて、靴コーナー、ベルトコーナー、
手帳など小型革製品コーナー、最後にレジが配置。

開始時間直前の頃には流石にもっと人が増えていたけど、
全員は入れて快適に買物出来る人数。

オレンジのポロ来た店員さん達もみんな凄く親切でそれには驚き。
スカーフを見ていたら「何を御探しで?」と聞いてくれて、
しかも違う色、違うスタイルなど探して来てくれる。

整理整頓されててイライラする事も無く、本当快適でした004.gif

会計もあっさり。
インターネットでは「一時あった免税も無くなった」と書いてあったが、
「ありますか?」と聞くと、「はい、そちらへどうぞ。」と
会計後、別の窓口へ行く様に成っている。
なのでパスポート、忘れない様に006.gif

品揃えも期待以上に良くて、財布には可哀想だったかも。
c0201334_10173746.jpg

でもとっても楽しい1時間20分の買物時間でした。

ところで、
よく読んでるフランス人の方のブログによると、
どうやら初日は朝の4、5時から来る人もいるし、
写真から判断すると込み具合が大分激しく見えました。

品揃えに関しては、僕個人的には知らないので、判断出来ません。
でも大して待たなく、押したり割り込み無しのこのソルド二日目、
初日に行くより絶対良いと思います。

もし良かったら参考までに読んで下さい。
追伸:商品公開は又後日。。。


役立つようだったらポチッと御願いします!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


[PR]



by yas-unprescribed | 2010-07-05 10:32 | 旅行/Travel

気まま我儘に生きるYasの人生を、正直率直に、そして飾らなく語るブログです。 This is a blog where Yas talks about his life in a foreign land seen through his bizarre and frivolous, yet sincere eyes
by Yas-Unprescribed
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

English
日本語
紹介/Intro
旅行/Travel
衣/Fashion
食/Food
住/Home

最新のトラックバック

検索

最新の記事

寒中の夏の思い出:スイスから..
at 2014-02-14 05:27
Returning to V..
at 2014-02-02 20:34
怪物的なカバン:犬と蛇
at 2013-10-02 06:15
Romantic Count..
at 2013-09-29 01:47
日本の次はスティーブンの実家
at 2013-09-28 18:08
Am I in Kyoto ..
at 2013-09-28 05:47
今更ですが。。。目に毒な日本..
at 2013-09-26 02:31
Afterwork Dinn..
at 2013-05-06 07:30
両親と昼懐石
at 2013-05-01 07:12
Appreciating A..
at 2013-04-29 06:11

タグ

(169)
(137)
(121)
(60)
(54)
(54)
(34)
(29)
(28)
(22)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。Copyright © Life Without A Prescription - 処方箋無しの人生 All Rights Reserved

ファン

ブログジャンル

画像一覧