Life Without A Prescription - 処方箋無しの人生

<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧




ディヴォンヌで過ごす日曜日



お友達が誘ってくれたので、
久しぶりにディヴォンヌの朝市に行って来ました!
c0201334_732859.jpg

前回は冬に来たから今回見るディヴォンヌは大分明るかったです。

スティーブンは猪が好き。。。 
変な人。

お友達と来たせいか、
いつもより勇気が出ていつもより物を買った気が。
c0201334_7345525.jpg

スティーブンと僕だけだとなんか買うのに畏まってします様な。

マダガスカル産のバニラを香辛料屋さん購入。
今度デザートを作る時に使うのが楽しみ024.gif

トリュフパスタを作りたかったから、ここで生パスタを。
c0201334_7382782.jpg

手前のタリオリーニ。

桃も買って来て、今日食べたらすっごく甘くて美味しかった016.gif

魚市場の方も見たけど、特に購買意欲は刺激されず。
c0201334_742283.jpg

カキにひかれたけど今月はRが付かないしね〜。

貝類って当たると死ぬ思いするって言うでしょ??

代わりに僕とスティーブンはケーキを買う為に、
ディヴォンヌで行列の出来るパン屋さんで僕達も並び。
c0201334_7444550.jpg

ネズミとエクレアはスティーブン。 
チョコは僕。

このネズミ、意外な事に(?)美味しかったってさ。

他に石鹸とか買っていたらもうお昼の時間。

ちょっと市場から離れたLe Div' Caféでランチ。
僕は「本日の2皿コース」を。
始めに、
c0201334_749488.jpg

マグロのタルタル。 

メインはステーキ。
c0201334_75152100.jpg

すっごいボリューム。
お肉も柔らかくて美味しかった。

これで19ユーロ。 約23.5フラン。

やっぱりこんなにジュネーブから近くてもフランスだね005.gif

お腹も一杯になって充実した日曜日でした006.gif


ブログ読んでくれてありがとう!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-27 07:55 | 食/Food

Tour of Tuscany: Montepulciano, Organic Farm, Monticchiello, Bagno Vignoni, St. Antimos Abbey



Does this look familiar to you??
c0201334_9305112.jpg

If you recognize this town, then it's either,

a) You've visited Montepulciano,

or

b) You've watched "The Twilight: New Moon"


Yes, in the movie, Edward goes to Volterra.
But in reality, it was actually shot in Montepulciano.

To most people, this place is known for its fine wine.
Since we're not wine drinkers and didn't want to bring home liquid,
we opted out for something else.
c0201334_936980.jpg

Tuscan leather products.

Good quality items at decent prices006.gif
(Very different from Hermes and LV and all the other stores I love...)

Maybe I wrote before how American tourists were ubiquitous in Tuscany?

Well, there was a group of Americans in the leather shop.
They seemed to be very unaware of their surroundings and thus obnoxious.

Steven and I were embarrassed on their behalf...

Who knew that we would run in to them again shortly after.

Here.
c0201334_9461137.jpg

The view from our table at Podere il Casale.

Il Casale, which wasn't exactly easy to get, is an organic farm.
Our B&B owners recommended this place to us,
and from the descriptions given, we were thrilled to lunch here.

The view was magnificent.
It wasn't crowded or touristic, so it was wonderful...

Until the Americans from the leather shop showed up...
c0201334_9512472.jpg

Crudités and home-made fresh ricotta.

We had no idea how many dishes they were gonna serve us.
Dishes just came one after another.
c0201334_955671.jpg

Cured meats and sauteed chick peas.

There was so much food!
We were so full, and regrettably we couldn't finish everything.
c0201334_959060.jpg

Grilled zucchini and cabbage, spelt pasta.

I was delighted to eat so many veggies for a change.
Because we found it absolutely difficult to eat veggies in Italy.

Which is the exact thing we overheard from the table next to us.
c0201334_1044145.jpg

I guess it wasn't such a surprise to find Americans here.
Later I found that this place has been featured in the New York Times.

This meal was one of the best we had in Italy.
Simple, healthy, delicious.
Just what I had expected to eat but hadn't been able to get.

With our stomachs full, we drove to Monticchiello.
c0201334_10831100.jpg

Just another Tuscan village.

It was small and un-touristic.
We hardly saw any people.
The habitants were probably taking their naps after lunch.
Who knows.

Even in a small village like this, you can't escape from Americans!
They were having lunch in a restaurant,
but their voices were unmistakably American.

Interesting.
c0201334_10141644.jpg

It's unreal to hear them all around us far from home.

By this time, all the Tuscan villages started to resemble one another.
We needed something different.
And that was exactly what we got.
c0201334_10173019.jpg

Bagno Vignoni

The pond you see in the picture is actually the spring water reserve.
This small village is known for their hot springs.

Unfortunately, we can't go into the pond.
So we went away from the center and we soaked our feet in the spring.
The water wasn't hot or warm, but the foot bath was refreshing.

In retrospect, I was glad to have had this refreshing break.
Because the car ride to come was full of twists and turns
through curvy mountain roads... 020.gif

To get here.
c0201334_1024174.jpg

St. Antimos Abbey.

Gregorian chant is what made this abbey famous.
Sadly, we weren't there at the right time.
I can only imagine how magical it would be to listen to the monks singing
in the heart of Tuscany on a summer evening.

Another memorable day in Toscana016.gif


Thanks for visiting my blog!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-24 10:32 | 旅行/Travel

トスカーナで遭難



夕方にシエナを発ち、予約してあるレストランへ向かった僕達。

一筋縄ではいきません。

行き先はシエナ郊外のCastel Monastero
c0201334_23365289.jpg

GPSにここのホテルの住所を入力して出発。

15分ほど運転すると住宅地から田園風景に代わり、
さらには舗装されていない道に。 
c0201334_234337.jpg

(プロシューットとパン屑のピチ)


石だらけで荒い道だったので、

「本当にこっちでいいの?」なんて言うスティーブンに、

「きっととっても隠れ家的な所なんだよ!」と返す僕。


そのまま道なりに進んで行くと段々と緑が深まり、
静けさもまして道も狭くなって行く。


不安を抱きながらも前進。

「もうちょっと様子みてみようか。」
と続行。

GPSが、

「10メートル先、左へ曲がれ。」と。

実際に、10メートル先には左に道が伸びている。

「GPSの道案内と実際に道が合ってるから大丈夫じゃないの?」


曲がって更に進むと、段々と木々が車に近くなって来て、
その内、

「キ〜〜〜〜〜、キ、キ、キ〜〜〜〜〜〜〜〜」と
イバラの様な棘を持った枝が車を引っ掻き、
道はボコボコ、ガタガタ、
トリュフも何かおかしいと落ち着きを無くし始め、

ぬかるみを越えて坂にさしかかると、100メートル先にお城が!

「あ、見てみて、お城みたいな建物がある!」


って言ったと思ったら、道は折れかけた太めの枝で閉鎖されていて。。。

「もうこれ以上進めないよ。」とスティーブンが車を止める。

「ちょっと待ってて、歩いてあの建物までいって来るから!」と放って、
トリュフを抱えて歩き始める僕。

立派な建物に近づくにつれて、辺りに静けさにビックリ。

やっと目の前まで来ると、窓にはガラスが張ってない。

廻って正面まで来ると、人気は全くなし。


「こ、これは、遺跡。。。。」


チ〜ン054.gif
c0201334_021844.jpg

(豚の煮物)


なぜ正確な住所を入力したのにここに??
大体お城の後がある自体不思議。
そしてなぜ一応道が通ってる? 
ここは確実に他の車が常に通ってるはず。

疑問も晴れないまま、
さあ、これからが問題。

この究極の一方通行の道、どうやって引き返すか??

「バックで戻れば?」と提案すると、

「そんなにずっとバックして運転出来ない。」だって。


結局、三点方向転換して引き返す事に。 

バリバリ、ギ〜、バリバリ、ギィ〜、シズィ〜、ギ〜〜〜。

タイヤもパンクする事なく、無事に向きも変えられ坂を下って行くと、
さっき通った泥沼にさしかかる。

そして、

ハマる。。。


チ〜ン032.gif
c0201334_022761.jpg

(グリルした野菜の付け合わせ)


ウィィィィィィ〜〜〜ン

静かな森の中をタイヤの空回りする音だけが響く。


さあ、もう僕とスティーブンのパニック度、不安度、恐怖度は
100%を越えて150%まで急上昇。

「僕が後ろから押すから、アクセル踏んで!」

と言うスティーブンに、

「待って、僕この車マニュアルだから運転出来ない!!」
むしろ、僕が車を押すよ!」

と言うと、

「でもYasは白いジーンズを履いてるから泥が付いちゃうよ!」


「そんな事言ってもずーとマニュアルで運転してないから覚えてないよ!」

心配するスティーブンを説き伏せて、後ろから車を押してみる。

溝からは抜けない。

段々と車輪の間の車底と僕達の絶望感も地面に乗り上げて来て、
それとは裏腹に日は暮れて行く。

どうしよう。
誰かに助けを求めるとしてもどうやってここの場所を説明すればいい?
しかもこんな細くて荒い道にレッカー車は入って来れない。

スティーブンは近くにあった長い木の枝を車の下に差して
コテの様にして持ち上げ様とするけど、

バキッ

また差し込んで持ち上げてみるけど、

バキッ

それを後2回繰り返す。
(実は心の中ではこのスティーブンの様子を見て大笑いする僕。)


僕はアドレナリンのせいで興奮してるけどそれでも結構冷静。
その代わり、スティーブンは普段の冷静さなんて何処へ?

結局、僕は彼にこう言った。
「出来るだけ後ろにバックして待機して!
僕が坂の上から加速をつけて走って車を押すから、
 合図を出した時に思いっきりアクセル踏んで!」

タタタタタ(駆け出して坂を下る音)

「NOW!!!」

ウィィィィン〜(タイヤが抵抗する音)

バン!! (僕が車に体当たりする音)

グウィ〜グウィ〜 (タイヤが泥に食いかかる音)


そして、

「WE'RE OUT!!!!!!」


やっと脱出!!

この後はまた1キロほどの荒い道を
タイヤがパンクしないか不安を抱きながら戻る。

「よくこんな道をあんなに奥までいったよね!!」
と笑いながら話す二人。

少しするとアドレナリンが切れて来て、

「へたしたら一晩ここで。」

っていう可能性が有った事に今度は鳥肌をたてながら目的地のホテルへ。


また若干迷いました。


着いたのは予約の8時から1時間後の9時。


着いたら着いたで今度は
「レストランには犬は連れて入れません。」だって。

031.gif

こんな事も予期して事前にEメールで確認取ってあったのに
そんな事今更言われても困るんですけど。

最終的には、口論後、勝ちました。
適当な人達。

そして、あの有名シェフGordon Ramsyが
メニューを構成したこのレストラン、

美味しく無かったです。

シツコイし、塩っぱいし、全体的に平均以下。
c0201334_7132618.jpg

(泥だらけ、引っ掻き傷だらけの車が戦いの凄まじさを物語る)


すっごい誕生日だったね、スティーブン006.gif

こんな迷いに迷って溝にハマって遭難しかけた誕生日、
一生忘れないよね041.gif


今となっては可笑しい笑い話です006.gif

ブログ訪問ありがとう!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-20 01:18 | 旅行/Travel

Tour of Tuscany: Pienza, Lucignano d'Asso, Monte Oliveto, Siena



We had a busy day ahead of us.
It was Steven's birthday, and we had ambitious plans for the day.

First stop, Pienza.
c0201334_8274394.jpg

This town was one of my favorite in Tuscany.
Clean, charming, and not so crowded.
Everything I want in a village006.gif

This town is named after Pope Pius II
c0201334_8294186.jpg

Because the pope ordered the town to be wiped off and to be rebuilt.
What a tyrant.

I have to say the result is very satisfactory.
This place was used in the filming of "Romeo and Juliette" as well.

A few hundreds years later,
the Vatican apologized to the people of the town for the atrocity.
True Vatican style, isn't it.

As we explored the area, we were drawn to the light...
c0201334_8355883.jpg

When we walked out of the narrow alley,
a beautiful view was in front of us.
c0201334_8383837.jpg

Panoramico!!

Another reason why we think Pienza is cool.

Our next stop was much, much smaller.
c0201334_840387.jpg

Lucignano d'Asso.

A cute Tuscan village.
c0201334_8405381.jpg

Old time mail box.

This village has only one small food store.
Everything seems, no, everything is so rustic,
it's as if the time has stopped moving forward.

Amazing.

Back in the present, we drove to San Giovanni d'Asso.

Here, it didn't feel like the town was frozen in time.

Here, it just felt like a ghost town...

It's a well-known destination for white truffles.
But probably because it was off season,
the whole town lacked energy and was dull.

We were hoping to sample the local truffles,
but we gave up and moved on.

To Abbazia di Monte Oliveto Maggiore.
c0201334_8492597.jpg

By then, the air was getting warm like we expected it to be.

The escape to the serene abbey was a nice change of temperature.
c0201334_8521788.jpg

Because Truffle can't go in, we took turns.

It was a nice abbey.
c0201334_853252.jpg

Unfortunately by this time,
we were both getting a bit too "churched out", though.

In search of something secular,
we hurried off to Siena.
c0201334_8545769.jpg

I'm a big fan of Daniel Craig.
In his second Bond movie,
he came here to the Campo.

Now that I was there, I was massively disappointed.

Not because I wasn't there with Daniel Craig,
but this famous city didn't live up to (at least) my expectations.

The Campo looked so much prettier in the movie...
And ugly outer parts of Siena was certainly an off-putting prelude.

We couldn't wait to get out of Siena.
Partially because we had a dinner reservation.

Who could've foreseen the tragedy that was just around the corner?

Well, I kinda thought Steven's bday wasn't gonna be a smooth one...

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-18 09:10 | 旅行/Travel

絶対お勧めのトスカーナな宿



この前ちょっと触れましたけど、
トスカーナで泊まったお宿、とっても素敵でした。
この il Follonico
母屋に4部屋と、直ぐ裏に2部屋、離れの様にあって、
トリップアドバイザーで「離れの方が良い」って書いてあったので、
c0201334_253476.jpg

こんな感じ。

入り口の前にはセミプライベートのテラスがあって、
c0201334_210060.jpg


両開きのドアを開けるとこんな感じ。
c0201334_2105527.jpg

写真だと伝わらないけど、とってもチャーミング。

風邪ひいていた僕にとってはベッドも心地良かったし嬉しかったです。

中から外をみると、
c0201334_213117.jpg

素敵な景色が。

本当はのんびりとテラスの長椅子に座ってプロセッコを飲み、
c0201334_2134819.jpg

ゆっくりとこの景色を楽しみたかったけど。。。
予定が詰まってたから余り満喫できなくて残念。

トリュフはこの広々とした空間が気に入ったらしく、
c0201334_2154714.jpg

放っておけば走り回ってました003.gif

母屋の中もよくデザインされた田舎さで、「トスカーナ」そのもの。
c0201334_2175181.jpg

でも、もっと洗練されて錆臭く無い感じ。

この部屋で朝食を食べるのだけど、
朝ご飯も美味しいし朝の光が沢山入って来て気持ちがいい。

心地もいいし、絵に描いた様な空間、とってもお勧めです006.gif


ブログ読んでくれてありがとう!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-17 02:26 | 旅行/Travel

Selling My Body For Clothes



Hmmmmm......

I haven't gone to bed yet and it's 5 a.m..

Because it's late/early, I feel like maybe I should go line up
for this event....


Desigual Undie Party.

Enter the store half-naked and leave fully clothed.
Meaning, you get the clothes free of charge.
An interesting concept.

It starts from 9 a.m., so if I wanted to go, I should leave soon.
The 15 minute walk to the store at 5 a.m. doesn't seem too bad.
Especially since there is hardly anyone out.
(But isn't it a crime walking around in just the underwear?)

I can't believe I'm actually considering this.

I don't even like the brand.
Their clothes are too loud and too casual.

But why am I still considering??

Plus, standing there in just underwear in public?
(Well, I guess it's like a bathing-suit on the beach.)

I think what I like the "free clothes" part.

But trying to get something in exchange for exposing my flesh,
that basically would make me a cheap stripper.

Do I want to be a whore for a couple of over-priced garments?


YES.

NO...

YES.

NOOOOOOOO.

It's too cold out anyway.
If it was for Paul Smith or Marc Jacobs, sure, but not for Desigual.

I will not sell my body for clothing.


Steven could've been my pimp.
He's the one who told me about the event and told me to go.

Who does he think I am??
A fashion whore??

(Well, he's not wildly wrong...)


Thanks for reading my blog!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-14 12:25 | 衣/Fashion

斜塔、塔の街、絵に描いた様な宿



アガサ・クリスティーの世界を去った後には、
誰もが知っているイタリアが誇る建築失敗作、ピサの斜塔へ。
c0201334_2258947.jpg

あ〜、傾いてる。

これをみた後には、近くの都市、ルッカへ。
c0201334_2331420.jpg

ここはオリーブオイルの名産地。

らしいけど、オリーブオイル専門店とか見かけなかったな〜。。。
食事したレストランで一応確保したけど。

この後は、塔がそびえる中世の街、サン・ジミニャーノへ。
c0201334_2373630.jpg

トスカーナの他の街と違ってここは高い塔が幾つもある。

「中世のマンハッタン」ってニックネームが付いてる程。
c0201334_239844.jpg

駐車場を探すのがちょっと困難だったけど、
とっても素敵な雰囲気の街。

メインの通りを登って行くと、開けた広場に出て
井戸があったり色々な発見がある。
c0201334_2312102.jpg

裏道や横道も入り組んでて、ひとけが少ない所や景色のいい所を
探索するのも楽しい006.gif

この日は天気も良くて「トスカーナ」って感じの日。
(それでも僕は風邪をひき始めていて悪寒が。。。)


暗くなる前にまだまだ運転しなきゃ行けなかったので、
この街を去って、今夜の宿へ。

カーナビを頼りに、「本当にこっちでいいの??」って感じの
舗装されていない道を走っていたら、こんな方々に遭遇。
c0201334_23204139.jpg

樽を押しながら走っていらっしゃる。

どうやらワイン樽転がし競争のトレーニングしてる様。

その他に、羊の群れに遭ったり本当、田舎。

そして、やっと着いた!
c0201334_23234696.jpg

Il Follonico


とっても素敵なB&B。
紹介はまた後ほど。


ブログ訪問ありがとう!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-12 23:25 | 旅行/Travel

Drive to the Mall then to the Beach!!



After two nights in Florence,
we were ready to explore the other areas of Tuscany.

To do that, we needed this.
c0201334_8174837.jpg

Our rental car for the next few days of the trip.

First, we stopped at a leather factory just outside Florence.
(Where I am 100% sure that I caught a flu.)

Then, we went to the Mall.
c0201334_8204162.jpg

Luxury brand outlets in Tuscany.

Here, you'll find names like Alexander McQueen, Dior, YSL, Prada, etc.

It should came as no surprise to you if you know me,
that we spent the next few hours shopping here006.gif

There were some super deals, you just have to look deeper.

Probably, we could have spent the whole day shopping,
but we need to get to our hotel for the night.
c0201334_8333637.jpg

Truffle just loved riding the car and feeling the wind on his face.

Just before the sunset, we made it to the hotel.
c0201334_8361476.jpg

We stayed in a beach town called Tirrenia, not far from Pisa.

The stay gave us the illusion
as if we were in the Hercule Poirot's world.

I kept expecting a murder in the hotel,
and Mr. Poirot would come knocking on my door for my assistance.

The hotel had that kind of vibe.
80's and slightly spooky.

But contrary to my ill wishes,
the night drew darker...

Another long day to come006.gif


Grazie for visiting my blog!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-11 08:58 | 旅行/Travel

「古い橋」は金の橋



古い橋、ことPonte Vecchio。
有名なオベラのアリア、「わたしのお父さん」で名が出て来るから
知ってる方も多いのでは? 
c0201334_4543992.jpg

色々な話しやこの歌から勝手にイメージが出来上がっていたから、
実際の橋をみた時にはビックリ。

だって、こんなに建物が建ってる様な橋だとは思っていなかったもん。
c0201334_4593053.jpg

ごっついから「橋」って感じが無い。

この橋は特に金の宝石が売られていて有名。
橋の上にお店が建っているのを見るまでは、
てっきり毎日出店をだしに来る様な物かと思ってたけど。。。
c0201334_54831.jpg

きちんとしたお店ばかり。

どこのお店もショーウィンドウはこんな感じ。
c0201334_582690.jpg

こんなにキンキンだと偽物みたいに見える。

最近は金の価値が段々と上がって来てるからお高い。
c0201334_5124290.jpg

記念に何か買って行きたかったけど、
僕が欲しい様な物は決まって高い。。。

例えばこれ、
c0201334_514074.jpg

インフィニティーの形のブレスレット。

試させてもらったけど、材料代はもちろん、
全部手作業で作製されたからその労働の分だけ高くなるみたいで
お値段は10500ユーロ005.gif005.gif005.gif

金って余り好きじゃなかったから知らなかったけど高いんだね〜。

観光客で賑わってる場所柄もあるだろうけど。

ラウレッタは「ポンテ・ヴェッキオからアルノ川へ身投げする」と
歌うけど、こんな値段ばっかり聞いてるとその気持ちが分かる様な。

Mi struggo e mi tormento.
O Dio, vorrei morir.

ブログ訪問、グラッツェ006.gif
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-09 05:37 | 旅行/Travel

The Most Beautiful Pharmacy



A few blocks away from our hotel in Florence,
there is a pharmacy.

L'Officina Profumo-Farmaceutica di Santa Maria Novella
has been in business since 1612005.gif

It is definitely the most beautiful pharmacy I've ever seen.
c0201334_2327124.jpg

Won't you agree??

It's as magnificent as a museum.
c0201334_23292848.jpg


Certainly not like any other pharmacies I've been to.
c0201334_2330384.jpg

They mostly sell perfumes, teas, and cosmetics,
and their formulae are as old as the store.
c0201334_2329568.jpg

They even have products for dogs and cats.

I was seriously tempted to take a few products home,
c0201334_23302913.jpg

but everything is seriously exorbitant.
I couldn't test or smell the products, and I wasn't gonna chance it.
c0201334_010333.jpg

But if you are a cosmetics devotee, or a pharmacy-lover,
This is the place to go006.gif

And not all pharmacies in Florence are like this, FYI!

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



[PR]



by Yas-Unprescribed | 2012-06-07 00:11 | 旅行/Travel

気まま我儘に生きるYasの人生を、正直率直に、そして飾らなく語るブログです。 This is a blog where Yas talks about his life in a foreign land seen through his bizarre and frivolous, yet sincere eyes
by Yas-Unprescribed
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

English
日本語
紹介/Intro
旅行/Travel
衣/Fashion
食/Food
住/Home

最新のトラックバック

検索

最新の記事

寒中の夏の思い出:スイスから..
at 2014-02-14 05:27
Returning to V..
at 2014-02-02 20:34
怪物的なカバン:犬と蛇
at 2013-10-02 06:15
Romantic Count..
at 2013-09-29 01:47
日本の次はスティーブンの実家
at 2013-09-28 18:08
Am I in Kyoto ..
at 2013-09-28 05:47
今更ですが。。。目に毒な日本..
at 2013-09-26 02:31
Afterwork Dinn..
at 2013-05-06 07:30
両親と昼懐石
at 2013-05-01 07:12
Appreciating A..
at 2013-04-29 06:11

タグ

(169)
(137)
(121)
(60)
(54)
(54)
(34)
(29)
(28)
(22)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。Copyright © Life Without A Prescription - 処方箋無しの人生 All Rights Reserved

ファン

ブログジャンル

画像一覧